アナウンサーといえばテレビ局の花形。これから就職活動を行う三年生の中で、アナウンサーに憧れを抱く人も多いのではないだろうか。法政出身のアナウンサーは全国的に見ても多い。今回、法政大学新聞では、大学在学中に華々しいブラウン管デビューを果たし、最近では気象予報士の資格を取得した内藤聡子アナウンサー(フリー)にお話を伺った。自身の仕事に対する思いや、これから就職活動を行う三年生に向けてのメッセージなどのインタビューを行なった。

アナウンサーを目指したきっかけは? 

 高校時代からモデルの仕事をやっていたんですよ。大学に入ってからも少しやってたんですが、ただ単にカメラの前に立って写真を撮られていても物足りないな、と思って。じゃあ、これで自分の思っている事を話せたらもっと楽しいんじゃないかと思ってアナウンサーを目指すようになりました。

どんな学生生活でしたか?

 学校には全然行かなかった(笑)。実は一年生の時、体育会アメフト部の女子マネージャーをやってたんですよ。これがまた結構つらくて(笑)。結局、しばらくたって辞めちゃったんですけど。その後はバイトを色々とやりましたね。ウェイトレスやキャンペーンガールとか。大学生ってすごく曖昧な身分の立場でしょ。私はその曖昧さがすごく好きだった。学生の時は素直に自分がやりたいことをやればいいと思うの。そしたら自ずと自分が本当に好きなものっていうのが見えてくると思う。

法政に対するイメージは?

 男くさい大学(笑)。でも今思うと法政に入ってよかったなと思ってる。自主マスに入り稲増先生のような恩師に出会うことができましたし。法政に入ってなかったら今の自分はなかったと思いますね。

大学三年時に『ニュースステーション』に抜擢されましたが

どのような経緯で決まったのですか?

 自主マスの他にテレビ朝日のアナウンス講座にも入っていたんですけど、その時に大石恵さんが「ニュースステーション」のお天気キャスターを辞めるということで、オーディションが行われたんです。それで、テレ朝のアナウンス講座に入っていた五人で、そのオーディションを駄目元で受けたら受かってしまったという感じ。「ニュースステーション」ではもう緊張の連続でしたね。生放送自体にも緊張するんだけど、久米さん、小宮さんの間に座っているということ自体にも緊張してしまって。足をガクガク震わせながら原稿を読んでいました。今、思うのはもう少し経験を積んでから「ニュースステーション」に出たかったということ。あの時は、まだ学生で技術的な事とかがまだ未熟で、そんな状態で「ニュースステーション」といういきなりの大舞台でしたから、変に舞い上がっていた感じがありましたからね。でも、久米さんや小宮さんが丁寧に指導してくださって、いい勉強になりましたね。

内藤さんの就職活動はどのような感じでしたか?

 キー局のアナウンサー試験はテレ東、NHK以外全部受けたんですけど、落ちました。でも、私の場合、就職活動中に関口宏さんの「サンデーモーニング」に出演が決まったので、それで関口宏さんの事務所に入ることが決まり、今に至るという感じですね。「サンデーモーニング」の出演が決まった経緯なんですけど、本当は最初、「知ってるつもり!?」のキャスターのオーディションが始まりなんです。それで、そのオーディションで私と、現在、フジテレビアナウンサーの千野さんが最後まで残ったんです。そしたらその時、ちょうど「サンデーモーニング」でもキャスターを募集していて、今までにお天気キャスターなどの経験があるということで、関口さんが私を「サンデーモーニング」のキャスターに選んでくださったんです。それで、結局「知ってるつもり!?」のキャスターは千野さんがなったという感じですね。

仕事をする上で心がけていることは?

 「楽しくやる」というのと「責任を持って頑張らなくちゃ」という、二つの気持ちを持って仕事に取り組んでいます。今の自分の仕事は、多くの人が憧れを持ってる仕事であるのと同時に、自分がやりたいと思ってやってる仕事なわけですから。

二年前に気象予報士の資格を取得されましたが。

 やっぱり、この業界では何か自分の得意分野がないとだめだな、と感じてきてちょうどその頃、天気に興味があって、じゃあ気象予報士の資格でも取ろうかなと。ほんと、浪人生のようにガリガリ勉強しましたよ。今、生放送で平日は毎日、お天気キャスターをやってるわけですが、以前は生放送だと緊張しっぱなしだったんです。でも、最近ではその緊張が、心地良い緊張感に変わってきて自分なりに何か新しい可能性が開けてきた感触があるんです。これからチャンスがあれば他のジャンルにも挑戦していきたいですね。

これから就職活動を行う三年生に向けてメッセージをお願いします

 私もそうだったんだけど、就職試験では、やっぱり落とされる経験をたくさんすると思うのね。それってなんか自分という人間を否定されている感じがすると思うんだけど、めげずに頑張ってほしい。落ちてもいいや、くらいの楽観的な気持ちでやっていく方が逆に良かったりするし。自分に自信を持って、自分が本当にやりたいことっていうものをとことん追求していってほしいですね。

● ● ●

 女子アナといえば知的で華やかなイメージがあるが、まさにその代名詞とも言える女性、内藤聡子さん。雰囲気に独特の「透明感」が感じられ、同時にその中に秘められた「強さ」のようなものも感じられた。内藤さんの道のりは一見、華やかなシンデレラストーリーのようだが、その裏には確かな努力が存在する。「本当はもう少しくだけた性格になりたいんだけどね」と笑顔でお話されたのが印象的でした。

『取材・文』 池田陽平

 



 

COPYRIGHT(C)法政大学新聞学会

このホームページにおける全ての掲載記事・写真の著作権は法政大学新聞学会に帰属します。

無断転載・流用は禁止します。

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO